スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BC++からVC++へ

 開発環境をVC++へようやく移行できました。

 しかしリソースの扱いがBorlandと違うみたいで、BCCFormでは少し手を加えないと編集できないみたいです。そのやり方は次の通り。

 1.アイコンとかのパスの表記が\マークではだめで、rcファイルを直接開いて\\か/に変更します。
 2.windows.hのインクルードと仮想キーコードのVK_0からVK_Zまで定義されたヘッダーを、rcファイルか、それが参照するヘッダーファイルにリソースを編集するたびにインクルードしておきます。

 これをすればBCCForm and BCCSkeltonをVisual C++(Visual Studio 2008 Express Editions)で使えるようになります。

コメントの投稿

非公開コメント

リンク
(*´∀`)ノ (´・ω・`)

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

Name:
Mail:
Title:
Message:

FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。