Noah's MapEditor 正式リリース

 イベントスクリプトが使えるようになり、ようやく基本的な部分の完成まであと一歩になりました。

 未完成な部分は、呪文とアイテムの使用、宝箱の処理ぐらいで、後はスクリプトで使えるコマンドを増やしたり、マップやゲームで使うデータの作成などでおわりです。

 ゲームを作ってみて Wizardry のような古典的ゲームは、思ったより単純にできているんだなと感じました。例えばゲームの内容でいえば、先ず、町のシーンから始まり、キャラクターを作成して、ダンジョンに入ってモンスターと戦い、フラグになるアイテムを手に入れて城に持ち帰って、物語が終わるといった感じです。

 このソフトを学習ゲームとして作成していくアイデアはいろいろあります。

 例えば戦闘では、英単語などを読み上げさせて、それをキーボードで入力して正解したら、ダメージを与えられたり、宝箱のシーンではあけるためにクイズ形式の問題を挿入するといった具合です。

 今はまだ未完成なのでわかりませんが、もうすこし作成して完成度の高い物にし、各ユーザーが問題やシナリオを作成して、広く使われるようになればと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

いいですね!

読み上げと音声学習をRPGに使うというアイデアは、びっくりしましたが面白そうですね!
私の勝手な想像ですが、仲間が相手を攻撃する際には、仲間が発した単語音声の類義語を入力して同時攻撃したり、敵の攻撃音声に対して対義語を入力して防御したり。

Re: いいですね!

いろんなアイデアが出てきそうですよね。

先ず簡単な音声を使ったサンプルゲームを作ってみて
それをプレイした人がさらにアイデアを出して、ソフトが
育っていってくれたらと考えています。
リンク
(*´∀`)ノ (´・ω・`)

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

Name:
Mail:
Title:
Message:

FC2カウンター