Noah's MapEditor 2

2011年からベクターに公開している ver1.9 を非公開に設定しました。

続きを読む

Noah's 2D MapEditor 再公開しました

5.03
5年ぶりの更新

続きを読む

Noah's MapEditor 1

2009
3.14
 この所ゲームを作っています。
 ウィザードリィやドラゴンクエストっぽいのを作製してみて慣れてきたら、音声を使った学習ゲームを作ってみようと思っています。
 今の所、画面遷移や入力などがある程度できてきていて、これからデータベースと連携してステータスを表示したりキャラクタを作ったりなどを実装してみるつもりです。

今の所こんな感じです。

続きを読む

完成までたぶんあと少し

 現在、ゲームのスクリプトで使うクラスの説明文を作ったり、ソースコードの全体の見直しとコメント付けなどして、開発しやすい環境に整えています。

 このソフトを去年の2月に作り始めてもう1年になるので「そろそろ完成させないと」とは思うのですが、あと少しのところでなかなか完成できないままでいます。その原因の一つに、後何をすれば完成なのかがよくわかっていないということがあります。

 ゲームのシーン遷移は主に次のようになります。
1.タイトル画面
2.町やキャラクタ作成
3.ダンジョンや2Dならフィールド
4.戦闘と宝箱
5.イベント
6.ゲームオーバー
7.エンディング
 このうちゲームオーバー以外は大体はできている気がするのですが、大体なのでどこが足りないのかわかりにくいです。

 タイトル画面とエンディングはスクリプトで作れるので問題ない気がします。
 町やキャラクタ作成もなんとなくできている感じがします。
 ダンジョンはたぶんほぼ完璧です。
 戦闘は良いと思いますが、宝箱はまだです。
 イベントは画像の表示やフラグ管理がまだなので、それができれば完成しそうです。
 ゲームオーバーはスクリプトで管理すれば良さそうです。

 自分で整理してみるとこんな感じですが、実際ゲームを作ってみないとシステム面で何が足りないか見えてこなさそうです。

イベントスクリプトの機能

 今日ようやく基本的な部分だけですけど、ゲームのスクリプトが機能するようになりました。

 今までのイベントスクリプトは数年前に作った物をそのまま使っていて、関数や変数などが使えず、ほとんど使えませんでた。これじゃダメだと常日頃感じていたのですが、なかなかやる気にならず、つい最近まで手を付けずにいました。

 そんな中で Web 拍手やコメントを受けて、やる気が沸いてきて、今月中に作ろうと思い立ち、図書館からコンパイラ関連の本をたくさん借りてきて、1からしっかり作り直すことになりました。 そうして、まだ完全ではありませんが、なんとか予定通り関数や変数が使えるようになりました。

 今の所使えるのは、これまで使ってきた機能に加え、関数、変数と if 制御文だけですが、 なるべく早く while for switch などを使えるようにし、解説ページも作成していく予定です。

 今読んでいる「コンパイラ構成法」という本に、フィボナッチ数を求める関数がテストプログラムとしてあったので、それを引用して今のスクリプトで機能するサンプルを作ってみました。


// var と宣言しないと変数を使用できません
var s = "";

function Fibonacci(n)
{
if (n < 2)
return 1;
else
return Fibonacci(n-1) + Fibonacci(n-2);
}

function FiboSeq(i, N)
{
if (i <= N) {
s = s + "\r\n" + Fibonacci(i);
FiboSeq(i+1, N);
}
}
// 今までは関数を呼ばなくても上から実行していたのですが
// 呼ばないと実行できないようになりました。
FiboSeq(0, 20);

// メッセージボックスを開きます
MB(s);

リンク
(*´∀`)ノ (´・ω・`)

最近の記事
最近のコメント
ブログ内検索
RSSフィード
カテゴリー
月別アーカイブ
メールフォーム

Name:
Mail:
Title:
Message:

FC2カウンター